ヴァリエの考え

システム化の本当の目的

システム化で組織が変わり、人が変わります。

システム化で「本来やるべき仕事」に専念できる。

お客様とのコミュニケーションや営業活動など「本来やるべき仕事」は十分にできているでしょうか。業務をシステム化すれば、効率性が向上し、今まで無駄にかかっていた時間を他の有意義な仕事に使うことができます。業務が効率化されると、時間と従業員の気持ちに余裕が生まれます。それにより、

  • お客様とより深いコミュニケーションが図れる。
  • 企画・構想などの時間がつくれる。
  • 生産性がアップする。

など、業績の維持向上に関わる大切な仕事に時間をかけることができます。会社は「本来やるべき仕事」に専念すべきです。

システム化の目的フロー図

システム化で「PDCAサイクル」の実現を。

日々の企業活動において、目標・計画(Plan)実行(Do)検証・評価(Check)改善(Acion)という流れ=「PDCAサイクル」は適切に行われているでしょうか。業務改善・問題解決には、「PDCAサイクル」の継続的な循環が重要になります。

「PDCAサイクル」
  • P (Plan 目標・計画): 
    過去の実績や今後の予測などを基に、目標や業務計画を立てる。
  • D (Do 実行)
    計画に沿って、業務や活動を実行する。
  • C (Check 検証・評価): 
    計画に沿っているかか点検、達成内容を評価・分析する。
  • A (Action 処置・改善): 
    確認後、計画に沿っていない部分の調査・改善や計画の継続や内容変更などを検討し、処置を行う。
  • 一周したら次のサイクルにつなげる。
PACAサイクル

「PDCAサイクル」がうまくできない、効果的に運用できていない場合も、システム化により、「PDCAサイクル」の実現が可能になります。

仕事の「見える化」で経営にフィードバック

システムを導入すると、仕事がデータ(数値)で蓄積されるため、情報共有による効率化だけでなく、業績の検証や問題点の改善、今後の展開の構想に生かすことができます。

システム化の目的は、効率化と経営の数値化であり、それを分析し、経営にフィードバックする「力」が、経営問題の解決と会社の発展につながります。

ヴァリエなら、費用対効果が見えるソリューションを提案します